原価管理システムならProSee

商品案内

製品概要

ProSeeは、お客様ご使用の生産管理システムと連携して動く、原価計算、管理会計システムです。
正しい経営判断をサポートし、会社の稼ぐ力(キャッシュフロー収益力)を向上します。

ProSeeシステム全体図


ProSeeは、3つの見える化(原価、在庫金額、キャッシュフロー)を実現します。
これにより、工場管理者、並びに各業務担当が、自社の実態、実力を認識し、改善ターゲットの設定、改善の実行、成果確認を行います。
この繰り返しで、「儲かる工場」への進化をうながします。

製品構成

ProSeeの製品構成は、下記の通りです。
段階導入、部分適用が可能です。

ProSee製品構成

※実績原価計算機能の詳細はこちらのページをご覧ください。

特長

○シンプル&ビジュアル&フレキシブルな原価管理システム

ProSeeは、製造業に特化してお客様ニーズをつきつめた原価計算、管理会計の専門ソフトです。
ユーザー(経営者、実務者、システム管理者)の視点で、業務の目的を的確にとらえ、必要機能を過不足なく実装しています。

ProSeeコンセプト


○フレームワーク製品という新発想

原価計算は、各社各様、百社あれば百通りのしくみがあると言われる分野で、自社に合ったしくみをつくるには、制度設計、情報システム開発、運用の定着化に多額の費用がかかるとされてきました。

ProSeeは、この問題の解決を開発当初からテーマにした「製造業の原価計算、管理会計のフレームワーク型パッケージ」です。
ProSeeをご採用いただくことにより、マスタ類の設定だけで、お客様の業種、業態、マネジメント欲求にピッタリ合ったしくみが、短期間、安価で構築できます。

ProSee特長2


○生産革新活動(TPS トヨタ生産方式の導入)を成功に導く業績の見える化の考え方

なぜ、ジャスト・イン・タイムなのか?
自分達の改善は、どのように、どのくらい経営改善に結びついているのか?
これらの問いに明確に答えられるしくみがないとTPSの導入活動は停滞してしまいます。

ProSeeは、現場力(ジャスト・イン・タイム)の進化と経営(業績)との関係を見える化し、生産革新活動を成功に導きます。

ProSee特長1

JITと非JIT


アウトプット画面サンプル

ProSeeサンプル画像1

※機能、アウトプット画面の詳細は、資料をご請求ください。


※ProSeeについてはこちらのページもご覧ください。